訴訟・裁判

当事務所は30年以上に渡り、米連邦地方裁判所や連邦巡回控訴裁判所において、原告や被告の代理を行っております。当事務所の訴訟弁護士には、かつて連邦地裁で判事調査官や司法省弁護士を務めていた弁護士もおり、連邦裁判所や司法制度について実地経験から得た幅広い知識を持ち、さまざまな技術分野の学位を有しております。連邦裁判所での広範囲な経験と優れた科学的な知識に加え、米特許商標庁の手続きに関する深い理解に基づき、個々のクライアントの利益を果敢に追求すべく個別の戦略を策定いたします。通常の特許侵害訴訟、ハッチ=ワックスマン訴訟、商標・著作権・トレードシークレット関連訴訟を問わず、希望する結果が得られるように、技術に対処し法的戦略と戦術を策定するにおいて比類ない資質を有しております。