バイオテクノロジー実務グループ

当事務所のバイオテクノロジー実務グループは、知的財産権の取得や実施のあらゆる側面においてクライアントを代理しております。当事務所のバイオテクノロジー担当の弁護士の多くは技術系の修士号や博士号を取得しており、各弁護士がバイオテクノロジー業界や政府機関での勤務経験を有しております。こうした経歴を持つ当事務所のバイオテクノロジー担当弁護士がクライアントの目標を把握し、バイオテクノロジー関連の知的財産の価値を最大限に引き出せるよう戦略を画策いたします。

他の分野とは異なり、バイオテクノロジー関連特許の権利化にあたっては、当分野に特化された米国特許商標庁の指令や手続きに関する広範囲な知識が必要となります。特許が出願される前から価値が上昇し、ライセンス供与や訴訟にいたって価値が最大化するのはよくあることです。クライアントの目標に基づいて戦略が決定されますが、結果を達成できるかどうかは経験豊かな弁護士の腕次第です。成功に導くことのできない戦略には価値はありません。

バイオテクノロジー実務グループは、ゲノムからプロテオミクスまで、バイオテクノロジーのあらゆる領域における特許の権利化を手がけております。当グループが網羅する領域は、生物薬剤学、治療学、試薬、診断、生物検定法、生物情報工学など、多岐に渡っております。当グループのクライアントは、製薬・バイオテクノロジー企業、病院、大学、政府研究機関などです。

よって当グループは、研究開発の初期段階から知的財産権の実施にいたるまで、クライアントに対して法律相談を行える体制となっております。特許取得実務グループでは、新たな発見に対する知的財産権を確実に保護しており、訴訟・裁判実務グループでは、知的財産権の実施においてクライアントを代理し、知的財産権の資産価値を最大化するための戦略的な法律相談、訴訟前の法律相談、裁判での訴訟を遂行しております。

バイオテクノロジー実務グループについてさらに詳しい情報をご希望の際は、ショーン・C・マイヤーズ-ペインまでご連絡ください。