法律相談・ライセンス供与・技術移転実務グループ

当事務所の法律相談・ライセンス供与・技術移転実務グループはクライアントに対し、自社特許のライセンス供与や第三者によるライセンス供与からの防御に関して積極的に法律相談を行っております。

当グループの弁護士は、紛争事項の交渉や和解の技術に長けるとともに熟知しております。また、友好的な状況においても相互に有益なライセンス合意の形成に熟練しております。

当グループの弁護士は特許訴訟と特許権利化の双方の経験を有しております。よって、クライアントが自社の特許権を最大限に活用できるよう、法律、事業、技術に関わるさまざまな問題を考慮しながらアドバイスを行っております。当グループでは、特許権の評価、強化、主張、ライセンス供与などに取り組んでおります。

当グループはまた、特許侵害の主張に対する防御においても幅広い経験を有しております。米連邦地方裁判所での経験を持ち、特許権利化業務を把握している当グループの弁護士は、クライアントのニーズに応じ、希望通りの結果に添えるよう、必要に応じて訴訟も含めた交渉戦略を策定いたします。

当グループの弁護士は多岐に渡る契約の交渉や作成に実績があり、例えば、ライセンス契約、合弁事業契約、技術移転契約、パートナーシップ契約、和解契約、共同防衛契約、ソフトウェア開発契約などを行っております。

法律相談・ライセンス供与・技術移転実務グループについてさらに詳しい情報をご希望の際は、ブルース・H・バーンスティンP・ブランコ・ピージックマイケル・J・フィンクジル・M・ブラウニングまでご連絡ください。