商標・著作権実務グループ

当事務所の商標著作権実務グループは、商標、トレードドレス、著作権に対し法律相談、代理業務を行っており、担当弁護士はこの分野のライセンス供与、審査手続き、そして訴訟に経験を積んでおります。

経済のグローバル化が進む今日、商標は企業にとって、最も貴重な財産であります。ですから、当事務所のクライアントの商標を確実に登録し保護することは最も重要であります。商標・著作権実務グループでは、クライアントの商標の選択、調査、登録の法律相談を行い、クライアントにとって費用効率の良い商標の維持、権利管理の戦略を生み出しています。その上、当実務グループでは、当事者系の商標手続きを米国特許商標庁の商標裁判審判部で行い、また、商標侵害、トレードドレス侵害、また不正競争などの問題においても州・連邦裁判所において代理業務を行っております。ドメイン名の獲得と権利実施といった、その他の商標関連の分野においてもご相談を承っております。

当グループの弁護士は商標実務分野のセミナーの準備、参与にも携わっております。国際商標協会(INTA)などの組織にも関与しつつ、世界各国の商標弁護士との連絡を頻繁に取り合うことが出来、クライアントの商標権を国際的レベルで保護し、実施することが可能となっております。

当事務所では著作権の選択及び獲得、そして著作権の登録も取り扱っております。また著作権ライセンス供与、実施の相談も行います。

当グループについて詳しくお知りになりたい情報がございましたら、当事務所の、ジェッド・スペンサー までお知らせください。